The  Most Outstanding Care Resort in the World 2016

認知症/アルツハイマー病の介護





当社にはブティックで認知症介護建物があり、1日24時間介護者がいて、介護者が各認知症を持っているお客様と近くにいます。この初等介護所が堂々と準備しておいています。5つのがあり、各客室に専用バスルームが備わっています。この介護所には自分のラウンジ・活動用エリアとダイニングルームがあります。
認知症とともに生きることは多くの場合が時間とともにより困難になり、自由して生活することが不可能になります。しかし、認知症に苦しむ人々の個々の人が異なっているので、それぞれの問題を解決するための方法が要件を満たすことができように構築されるべきであります。両親や介護者と協議の上、当社が必要である介護のレベルを評価し、そのレベルを満たすために計画します。
多くの場所が、ロック方針で行って、お客様を阻害して、場所から出させないことですが、現在の概念が、この実行する方法が彼らの良好な状態のための最善の方法が見つかりません。これは、彼らの健康や心状態です。そしてもちろん、それは彼らの人生の最も楽しいことはありません。当社の目的はお客様が幸せな人生を持て、良い健康を持っているようにすること、人生をもっと良くすることです。


活動

ケアリゾートチェンマイではお客様を可能な限りてきぱきになるように介護の推進します。これはすでに心身ともに役立つと実証されています。当社の大規模な庭園で、お客様には、介護者と庭園で散歩することができるので、一つの場所に'閉じ込められた'を感じることはなく、自分の庭でも、日常生活の一部になります。芸術・工芸・カーやボードゲーム、歌う、質問を投稿する、刺繍、撮影する、当社の湖での釣り(個人の能力により)、そして、当社の2つプールで監督と泳ぐことも含まれています。


日課

日課は不可欠な必要性なので、当社はお客様がテーブル片付け、一杯のお茶の作り、床を磨きでも等の仕事に'自宅で生活' の部分に日常生活の活動を持つようにしてみています。写真、絵画や記念品が前の家庭と家族生活に関連を維持するのを助けるので、当社は客室にこれらのもので満たされていることをお勧めします。可能であれば、当社が可能な限りE-mailまたはSkypeでお客様が家族と連絡を取り合うことができるように基本的なコンピュータスキルを教えようとしています。

  遠足 

当社は観光旅行や地域の活動を行い、通常の買い物を含みます。リゾート内の持って来るサービスはヘアカット、マニュキュアやマッサージです。当社の目的は、お客様に必要なセキュリティを維持しながら可能な限り生活が望ましいと多目的にしています。認知症の人も自分たちの生活を楽しませることを停止すべきではありません。

 


 
 
 


A Discovery Channel video on dementia care at the resort. Watch Now.
 
  ケアリゾート チェンマイ
電話: 66(0) 53044097
ファックスで: 66(0) 53044096
メール: enquiries@careresortchiangmai.com